孕ませ神と憑かれた姪 第5話  一度外れてしまった箍は戻ることなく・・・・・


孕ませ神と取り憑かれた姪」全5話 配信中

 

ヨールキ・パールキの最新作が、遂に配信!!!

昔からこの地にまつわる孕ませ神・・・

この神に憑かれた者は・・・

 

一心不乱に異性を求めてしまう!!!

孕ませ神と憑かれた姪 第5話 一度外れてしまった箍は戻ることなく・・・ レビュー(ネタバレ)

 

結ばれた二人のお互いを求め合いは、止まる事がなく・・・

4話と同様に初手からヤリまくりの二人です!!!

 

「しあわせしゅぎて、ばかになっちゃう」

「ゆい・・・ッ」

「ゆい・・・ッ」

「もう・・・ッ」

「パパッ」

「パパッ」

「せー◯いっぱいちょーらい」

 

叔父と姪の関係である事に少しの躊躇いもあるのか叔父は、ゆいに尋ねます。

 

「後悔・・・してないか?」

「してないよ、叔父さんのお嫁になれてゆい・・・すっごくうれしい・・・」

 

取りこし苦労でしたね。

てかあんな濃厚なS◯Xしておいて後悔なんてないでしょう 笑

こうして僕たちは、予期しない形で一線を超えてしまった。

 

「ゆい・・・また勃ってきた」

「あん・・・」

 

一度箍が外れてしまっては最後、何度も何度も求められるまま貪るよに熱をぶつけ合った・・・

 

「おち◯ぽズボズボされながら、ちくびもク◯ちゃんも、グリグリするの、しゅきぃ・・・ッ」

「もっと、もっとひどくして」

 

その常時は、止まることを知らず・・・

 

「ほら・・・ゆい、陽が登ってきたよ」

「一晩中子宮にせーし、びゅーびゅー種付けされちゃったね」

 

一体何時間ヤリつずけてるんでしょうか?? 笑

ゆいは、孕み神の力が、あるにせよ叔父の精力は半端ないなですね・・・

 

「ほら、白目むいてないでこっちみて」

「受精する顔パパに見せて」

「イキッぱなしだねビクビクすごい・・・ッ」

 

もうただの変態になってきてますね 笑

 

「イクぞッ」

「イクぞッ」

「孕めッ」

「孕めッ」

 

そして幾度かの情事のあと姪は、孕んだ・・・

妊娠を機に彼女の中の孕み神は、去ったようで僕たちは何も問題のない夫婦のように愛し合い寄り添い暮らしていた。

徐々に大きくなる姪の腹にも村人達からの余計な詮索もなく・・・それこそこの村では、暗黙の了解なんでしょう。

村人達は、今まで通りに接してくれた。

 

お陰様で妊娠できました」

「孕み神様無事に出産できるよう見守ってください」

「ねぇ、おうちも広いしもう一人作っちゃおうか?」

「いいのか?」

「ゆいがいいなら沢山ほしいな」

「仕事頑張らなきゃな」

「ふふっ、一緒に頑張ろうね。

「おとうさん」

 

これで、最終話5話の終わりです。

4話と5話では、ずっと孕むまでの過程のS◯Xを見ているような感じでしたね。

描写が、凄く綺麗なので1ページの重みが違いますね。

最後は、ハッピーエンドと言うのでしょうか??

現実では、中々あり得ないことですが、ゆいが可愛いだけにちょっと羨ましいですね 笑

そんなヨールキ・パールキ先生の「孕み神と憑かれた姪」を先ずは無料の試し読みから読んでみませんか??

 

こちらのバナーからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です